コンタクトレンズの選び方、買い方

コンタクトレンズの購入を検討するすべての方へ


ソフトコンタクトレンズをしているとかかりやすい病気

Pocket


ソフトコンタクトレンズの場合、角膜に異常が発生したとしてもコンタクトレンズが絆創膏のような効果を出すため、病気に気づきにくいという欠点があります。その点ハードコンタクトはちょっとしたゴミでも激痛が走るのですぐに眼科に駆け込んじゃうわけです。

まず第一に、ワンデーを保存液に浸して何日も使ったり、1weekを1ヶ月使ったりという使い方は論外です。たまにそういう話をしてる人を見かけますが、頭がおかしいとしか思えないですね。ところが、正しい使い方をしていてもしらないうちに角膜に傷がついて、そこから炎症が広がったりといった異常が起こることは決して珍しいことではありません。ソフトコンタクトレンズをしている人は、毎朝自分の目をチェックして、少しでも異常があれば眼科に行くことが大切です。


Comments are closed.