コンタクトレンズの選び方、買い方

コンタクトレンズの購入を検討するすべての方へ


ハードコンタクトレンズをしているとかかりやすい病気

Pocket


ハードコンタクトを長年装用していると、眼瞼下垂という病気にかかる可能性が高くなると言われています。これはまぶたが開きにくくなる病気で、進行すると目が開かなくなってしまうというちょっと怖い病気です。原因は詳しくわかっておらず、ただハードレンズを外すときの刺激が良くないとか、瞬きをするときにまぶたに接触するのが良くないとか言われています。いきなりまぶたが開かなくなるわけではないので、ちょっと違和感を感じたらソフトにするかメガネにすれば良いのですが、徐々に進行すると気づかないという怖いところはありますね。

いずれにせよ、ハードレンズを長年使っていて、鏡を見た時にまぶたの開き方が左右で違ってきていたり、最近まぶたが開けづらいと思ったら、早めに眼科に行くことがおすすめです。もちろん、コンタクトレンズをしている人なら定期的に眼科に通っているとは思いますが…

ハードコンタクトの場合、ソフトコンタクトと比べて、目に異常があるとすぐに痛くなるので、あまり症状が重くならないという利点があるようです。

余談ですが、自分は以前よくものもらいになっており、コンタクトレンズをしているとものもらいになりやすいのかなーぐらいに考えていました。ところが、目を触るときに必ず手を洗うようにしたところ、ものもらいになることがほぼなくなりました。付け外しのときは石鹸で手を洗っても、ちょっとかゆい時とか、ちょっと洗いたいときはついついそのまま触ってしまうもの。手は雑菌だらけなので、そこからものもらいが発生していたのだと思います。目を触るときは必ず手を洗いましょう。


Comments are closed.