コンタクトレンズの選び方、買い方

コンタクトレンズの購入を検討するすべての方へ


コンタクトレンズの素材の違いについて

Pocket


ハードレンズ
ハードレンズは基本的にはひとつの素材でできていますが、一般的なハードレンズの他に、東レのブレスオーハードシリーズのような柔らかいタイプのものがあり、この2つで大きく装用感が違ってきます。また、ソフトと比較してレンズが硬いため、各社のレンズデザインやベースカーブによって装用感がシビアに異なります。このため、素材の違いというよりもメーカーやレンズによって相性が激しいのが特徴です。

ソフトレンズ
ソフトレンズの素材は今まで用いられてきた一般的な素材と、シリコーンハイドロゲルという新しいタイプの2種類があります。通常のソフトレンズは素材自体は酸素を透過しないため、素材に水を含ませて、その水を通して酸素を通します。つまり、含水率が高いものほど酸素をよく通すという特徴があります。一方、シリコーンハイドロゲル製のレンズは、素材自体が酸素を投下するため、酸素透過率が含水率に影響されません。シリコーンハイドロゲル製のレンズは普通のソフトレンズよりもちょっと硬めですが、装用感に大きな違いはありません。ソフトレンズはその名の通り柔らかいため、僅かな形状の違いなどによって装用感が大き変わることはなく、ハードレンズよりも柔軟に様々な眼の形に対応できるというメリットがあります。


Comments are closed.