コンタクトレンズの選び方、買い方

コンタクトレンズの購入を検討するすべての方へ


ハードコンタクトレンズのよいところ

Pocket

 わたしは今から20年ほど前、大学生の時にコンタクトレンズを使い始めました。それまではメガネをかけていて、美容的にメガネはあまり美しく見えないと思い、コンタクトレンズを買いました。最初はハードコンタクトレンズにしようと思ったのですが、看護師さんが試しにつけてくれた時にすごく異物感を感じて耐えられないかもと思ったので、ソフトコンタクトにすることにしました。ソフトコンタクトはいつの間に目に入れてくれたかわからないくらいソフトでこれはいいと思いました。しかし、そのあとで看護師さんから当時のソフトコンタクトのお手入れ方法を聞いて、あまりにも面倒くさそうで自分にはムリだと思ったので、結局ハードコンタクトに決めました。優柔不断なわたしを見て看護師さんはあきれていたと思います。

 それから今日までの20年間、ハードコンタクトレンズを使い続けていますが、いつも使っているのはメニコンのものです。酸素透過性で、一週間装用オーケーのもので、とても便利です。とはいえ、実際一週間も長く装用することはなく、毎晩コンタクトを外してから寝ています。ハードコンタクトは涙の上に乗せるので、目に密着していない分、角膜を傷つけることは少なく安全性が高いです。ですから、ハードコンタクトをいつも安心して使えて感謝しています。

 また、とても手軽にお手入れできることも気に入っています。


Comments are closed.