コンタクトレンズの選び方、買い方

コンタクトレンズの購入を検討するすべての方へ


眼鏡にはないコンタクトレンズの快適さ

Pocket

私は高校生の頃コンタクトレンズを使用していました。メニコンのソフトのもので、期間は1年ほどでした。中学から高校入学時まで眼鏡を使用していましたが、ずっと眼鏡が嫌でした。そこでコンタクトレンズに切り替えることにしました。眼鏡はかけたり外したりが面倒で、視野もレンズのある部分しか有効ではないので、その見え方にあまりしっくりきませんでした。コンタクトレンズは洗浄などの手間はありますが、一度付けてしまえば裸眼のような快適さでストレスなく生活ができます。特に初めて利用した時はそのクリアな視界に感動しました。

しばらく問題なく利用を続けていましたが、1年ほどして眼科でドライアイの診断をされ、泣く泣くコンタクトレンズは諦めました。それからずっと眼鏡を利用していますが、今でもコンタクトレンズにまた戻したいと思うことがよくあります。スポーツをするときなどは断然コンタクトレンズの方がいいので、そういった機会に触れるたびに羨ましくなります。少し割高にはなりますが、目に負担の少ないワンデーのものなら使用できるかもしれないので、今度眼科に行って相談してみようかと思います。眼鏡を使用するようになって何年も経ちましたが、あのコンタクトレンズの視界の快適さは忘れることはできません。


Comments are closed.